乳首をピンクにする魔法のクリーム

乳首をピンクにして自身のボディを手に入れよう

 

女性のバストの悩みはつきません。
大きさや形、色も気になりますよね。

 

女性の美の探求心の表れてと言っていいでしょう。

 

コンプレックスになって、恋愛に臆病になったり。
自信が持てないあまり何をやっても上手くいかない。
人生一度きりです。

 

解消できるコンプレックスは解消しましょう。

 

乳首の色が黒いって悩んでいる女性も多いですよね。
男性に遊び人って思われていないか。
女性同士でも温泉に行けない。

 

乳首の色にコンプレックスを持っている人にご紹介したいのが美白クリーム。

 

乳首の黒ずみの原因であるメラニン色素を薄くして、ピンク色の乳首に近づけて行ってくれます。
もちろん、すぐにピンクになんてなりません。

 

でも、徐々に、1ヶ月ぐらいから薄くなっていくって人が多いのです。

 

効果は、使用した人の90%が満足していることにも表れていますよね。

 

乳首をピンクにするクリーム

 

 

 
ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは、美容整形外科の最大手ですよね。
主要な都市にクリニックがあります。
多くの女性の悩みを聞いてきた湘南美容外科クリニック。


湘南美容外科が本気で共同開発した商品です。


美容クリニックでの相談でバストの悩みって多いのです。
バストの大きさに関しての悩みも多いのです。
でも、乳首の色に関しての悩みも非常に多い。


そんな悩みを持っている女性でも本当にお肌のことを知っている人は少ないのです。
なぜ、肌が黒くなっていくのか、
詳しく知っている人は少ないですね。
だから、女性の肌を研究して、女性の肌にあった成分を開発したのがホスピピュアなんです。


ホスピピュア

価格 5,500円
評価 評価4
備考 定期購入価格!90日間返金保証
ホスピピュアの総評

ホスピピュアのお得情報

乳首ピンク

ホスピピュアは定期購入すれば90日間返金保証。
だから、定期購入がお得です。
通常9,000円のところ定期購入では5,500円となります。


ホスピピュアの主成分

乳首ピンク

トラネキサム酸
メマツヨイグサ・ヒメフロウエキス・ニーム葉・階層エキス
アーティチョーク葉エキス・すぎな・ホップ・マツ
レモン・ローズマリー
セイヨウナシ果汁エキス・シアバター・スクワラン


トラネキサム酸の効果説明

乳首ピンク

トラネキサム酸は人工のアミノ酸です。
アミノ酸にはいろんな働きをするものがあります。
トラネキサム酸の働きは、メラニン色素が増えるのを抑える働き。

 

乳首が黒くなってしまうのはメラニンの仕業。
シミそばかすやくすみ女性の敵はメラニンが原因なんです。
メラニンはメラニンを作る細胞、メラノサイトで作られます。


メラノサイトは刺激を受けると活性化して、メラニン色素を生産します。

 

一番は紫外線なのですが、摩擦やムレなどの刺激でも活性化します。

 

 

トラネキサム酸は、メラノサイトがメラニンを作ってしまう刺激因子の働きを抑制する作用があります。

 

人間の細胞の仕組みがわかってきたので開発できた成分といえますね。

 

 


その他の成分の働き

ホスピピュアはトラネキサム酸以外にも多くの成分を含んでいます。その成分は

乳首ピンク

1.メラニン色素を減らすアプローチ
2.肌のターンオーバーサイクルを整える
3.お肌の保湿をする
の3つの効果をもたらす成分です。
乳首のピンクにするためには、メラニンを少なくしないといけません。
じゃ、どうやったら少なくなるかと言うと、日焼けを思い出してください。


夏日焼けしても、秋になる前に肌は一皮むけて白く戻りますよね。


肌は常に新しく変わっていきます。
お肌の新陳代謝ターンオーバーがきっちりとしていれば、メラニンを持った肌は日焼け後の肌がむけるようになくなっていきます。


だから、メラニンの生成を抑えて、新陳代謝ターンオーバーを促進し、黒くメラニンを含んだお肌の表面をメラニンを含まない白いお肌に変えていくと、乳首はピンクになっていくのです。

 
ホワイトラグジュアリーの特徴

ホワイトラグジュアリーは、人気の高い美白クリームです。
ホワイトラグジュアリーのメーカーで行ったモニター参加者のうち、なんと94.8%が美白実感しているというすぐれもののクリームなのです。
ホワイトラグジュアリーの主成分は3種類のビタミンC。


贅沢にもプレミアムの名に恥じない3種類の有効成分が、得意の細胞層まで到達。
今までの美白クリームが到達できなかったメラノサイトが多い層まで浸透するんです。
だから効果が高いのですね。
【ホワイトラグジュアリープレミアム】

価格 5,980円
評価 評価3.5
備考 定期購入価格
ホワイトラグジュアリーの総評

ホワイトラグジュアリーのお得情報

乳首ピンク

ホワイトラグジュアリーをお使いの方は90%が定期購入をしています。定期購入だと9,980円が5,980円と4000円もお得!長期間かけて美白していくものですから、定期購入がお得ですね。


ホワイトラグジュアリーの主成分

乳首ピンク

生ビタミンC:アスコルビル酸Na
水溶性ビタミンC:リン酸アスコルビルMg
油溶性ビタミンC:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
<美白成分7種類配合>
ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、アロエベラエキス、コラーゲン、クロレラエキス、オタネニンジンエキス


ホワイトラグジュアリーの3種のビタミンン特徴

乳首ピンク

肌が黒くなる原因はメラニン色素が増えるからです。
メラニン色素は肌を守るために黒くなります。
紫外線などから肌の内部の大切な真皮層を守るためのものです。
でも、メラニン色素はその他に、ストレスを受けると増えてしまいます。


メラサイトと言うメラニンを作る部分は、女性ホルモンの影響も受けるので厄介です。
ストレスや女性ホルモンの影響が出る理由は代謝のサイクルが悪くなるからです。
代謝のサイクルを整えて、メラニンが増えるのを抑えれば、黒い部分は新陳代謝によって剥がれていくものです。
メラニンの生成や増加を抑え、代謝サイクルを促進すると、黒い部分は代謝されて、乳首はピンクになっていくわけですね。
ホワイトラグジュアリーは有効成分を皮膚奥の基底層まで届きます。
独自配合のスーパーVCTが基底層まで浸透するんです。
メラサイトと言われるメラニン色素を作る細胞は基底層に存在しています。


今までの美白クリームは、基底層まで届きませんでした。
基底層まで有効成分が届かなければ意味がないわけです。
ホワイトラグジュアリーは3周囲の異なる状態の成分を配合することで、基底層まで到達できるようになり、効果が増大しています。

 
ピューレパールの特徴

ピューレパールは、ワキの黒ずみに重点を置いて作られている商品です。
ワキの黒ずみ対策では人気の高い商品です。
ですが、ワキだけでなく女性のデリケートな部分、乳首やVラインなどの美白にも効果がある商品です。


他の商品と違って、チューブではなくクリーム容器に入っています。
ちょっと持ち歩きにくいと言えますが、その分量的にはお得な気がします。
最後の最後まで使い切れますからね!


ピューレパール

価格 4,750円
評価 評価4
備考 定期コース価格
ピューレパールの総評

ピューレパールのお得情報

乳首ピンク

ピューレパールは定期購入で7,600円が4750円と3450円お得、60日間全額返金保証で安心です。


ピューレパールの主成分

乳首ピンク

<うるおい成分>
トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンE
<美白成分>
米ぬかエキス、プラセンタ、グリチルリチン酸2k、ビタミンC誘導体
<ニオイ抑制>
グリチルリチン酸2K、ビサボロール、天然ビタミンE


ピューレパール主成分の特徴

乳首ピンク

ピューレパールの特徴は、うるおい成分と美白成分とニオイ抑制成分の3種類を含んでいること。
なぜ、3種類の違う作用があるかと言うと、
もともとワキの黒ずみ専用に作られた商品なので、ニオイ抑制効果が付け加えられていると言えます。
ワキはニオイを気にする人も多いので、一石二鳥と言うわけです。


ピューレパールの場合、うるおい成分にに力を入れているのも特徴の一つです。
乳首は普通の皮膚と違い、粘膜に近い細胞でできています。
赤ちゃんが母乳を飲むわけですからね。


そのため乾燥しやすくて、乾燥すると痒みが起きたりします。
ブラジャーや肌着の刺激も受けやすく、その刺激がメラニンの生成を増加させて黒くなってしまいます。
ピューレパールはうるおい成分を多く含んでいて、新陳代謝を活性化して古い角質層を代謝していくことで、メラニンをためないようにして美白していきます。

乳首がピンクじゃない原因はメラニン色素

皮膚の色が黒くなるのはメラニン色素が影響しています。
白人の人はメラニン色素を精製するメラサイトが少ないので黒くなりにくく、黒人の人はメラサイトが多いので黒くなると言うことです。
もともと皮膚の大切な真皮細胞を紫外線などから守るためにメラニンは作られるのですが、メラニンはいろんな刺激で皮膚の中にあるメラサイトが刺激されることでも作られてしまうから厄介なんですね。

 

メラニン色素が作られる理由

 

1.紫外線

日焼けすると黒くなります。我々黄色人種はメラサイトを程よく持っているので、日光に当たれば黒くなりますし、当たらなければ白いままです。
普通、日光を浴びてしばらくすると新陳代謝で皮膚が剥がれて白く戻っていきます。でも、スポーツをしている人の様に、日光を浴び続けていると、新陳代謝で剥がれていく以上に作られて、どんどん黒くなっていきます。
活性化してメラサイトが増えていくと、日光を浴びなくなってもメラニンが作られやすい状況になっています。

 

2.摩擦

摩擦などの刺激でメラニンが過剰に作られてしまうこともあります。衣服や下着などで常に刺激されている部分が黒くなるのはこのせいです。もともと光の刺激に反応してメラニン色素を作るメラサイトですが、皮膚に刺激があると光に反応するのと同じく、皮膚を守ろうと作られすぎてしまうのです。

 

乳首の黒ずみは、敏感な部分が下着などと擦れ刺激されてメラニン色素が作られるためだと言えます。敏感な部分なので、ほかの皮膚よりもメラサイトも反応してしまうわけです。

 

3.女性ホルモン

女性ホルモンの分泌バランスが崩れるとメラニンが多く作られる原因となります。日焼け後に新陳代謝によって皮が向けて皮膚が白くなりますが、新陳代謝が活発でなくなると黒さが白く戻るのが遅くなります。この様に新陳代謝が少なくなると皮膚が白く戻るまでの時間が長くなったり、最悪シミになったりします。女性ホルモンの分泌が変化して、バランスが崩れるとターンオーバーと呼ばれる皮膚の新陳代謝のサイクルが崩れて黒ずみになるわけです。

 

4.炎症

炎症もメラニンが作られる原因になります。炎症は細胞の防衛反応です。ばい菌等の外敵が皮膚に入り込もうとする時、炎症をおこして、免疫細胞を活性化して、外敵を排除しようとする働きです。炎症が起こると赤くはれたり、熱をもったりします。この時、皮膚細胞の防衛反応としてメラニン色素も作られます。カミソリなどを使用してムダ毛処理などを行なうと、ばい菌が皮膚に入り込み炎症を起こします。ムダ毛処理は繰り返しおこないますから、その都度メラニン色素が溜まっていくことになってしまいます。

 

5.乾燥

乾燥でもメラニンが作られます。乾燥って皮膚の保護をする潤いが無くなってしまう状態。普通は汗腺から分泌された汗や皮脂などが肌の正面を守っているのです。乾燥すると皮膚の表面が剥がれやすくなり、ばい菌なども入り安い状況となります。痒くなることも多く、痒くなるとついついかいてしまう。その刺激でメラニンが作られてしまうことになります。皮膚の潤いと黒ずみは関係があると言う事です。

 

 

 

表皮細胞にダメージを与えると、メラニン細胞が刺激されホルモンを作ります。ホルモンのシグナルを受けたメラのサイトはチロシンというアミノ酸を作ります。このアミノ酸がドーパ→ドーパミン→メラニンと変化していきます。

 

黒ずみを抑える方法

 

黒ずみを抑える方法は幾つかあります。
1.細胞の刺激を受けないようにする
2.メラノサイト活性化させる物質を阻害する
3.メラニンを過剰生成を抑える
4.新陳代謝を活発にし、ターンオーバーサイクルを整える。

 

この4種類となります。

乳首の黒ずみもメラニン色素

 

乳首の黒ずみって生まれつきだとか、体質だとか思ってませんか。
乳首の黒ずみも原因はメラニン色素です。

 

日焼けと同じメラニン色素ですから、美白すればピンクになっていきます。
美白にはビタミンCが効果的。

 

これは、シミなどと同じ!

メラニン色素にはビタミンCが効く

 

ビタミンCがシミに効く。
これって、聞いたことありませんか。

 

顔のシミなどにはビタミンCだとか、ビタミンC誘導体などが有効だと言われています。

 

ビタミンCは、酸化した細胞を還元してくれます。

 

肌のターンオーバー周期を整えてくれたり、美容の強い味方です。